ダイエット効果メリットリバウンドしない効果を上げるコツ

青汁ダイエットは運動しなくてもいい?

青汁ダイエットは青汁を飲んで体質を変えるダイエットで、食物繊維によって腸の中の老廃物を排出します。
そして、空いた腸からビタミンやミネラルが吸収されて、身体の細胞を古いものから新しいものに変えるための新陳代謝が行われます。
この繰り返しによって行われるのならば運動を取りいれなくてもよいように感じられますが、実は脂肪の燃焼は最後まで残る課題といってもいいものです。

新陳代謝の過程で脂肪はエネルギーとなって燃えますが、食べた物が消費量を上回っていないと蓄えてしまっている脂肪を燃焼するまでいきません。
ゆっくりとした体質改善を少しでもあげたいのでしたら運動は脂肪を燃やすという意味ではうってつけなのです。
しかも青汁ダイエットはダイエット期間中でもしっかりと食べていることが基本ですので、立ちくらみや貧血などといった普通のダイエットのような栄養不足による体調不良などは起こりません。

安心して運動ができます。
運動したくなくて青汁ダイエットを選んだという人には、少し生活習慣を変えるだけでも違います。
例えば仕事をしている人で電車通学の人は1駅分歩いて通うとか、会社の中の移動はすべて階段を使うのも運動になります。

昼休みに散歩をするのもいいでしょう。
家の家事も廊下の水拭きや階段の掃除、動く家事を早足で行う有酸素運動式に変えてみてはいかがでしょう。
家の中で限界がある時には、買い物を歩きや遠い場所に自転車でいくようにするのもいいのではないでしょうか。

本当はウォーキングしたいけれど忙しくて疲れていてそんな体力はない、という人にお勧めなのは有酸素式ストレッチです。
眠る前にゆったりとした動作で身体を動かし、呼吸方法によって身体の脂肪を燃焼させます。
生きているだけで基礎代謝は使われています。

それを過剰に消費させるのが運動です。
運動しなくてはいけないという固定観念にとらわれないで、身体を動かすという気持ちでも十分効果はあるでしょう。