ダイエット効果メリットリバウンドしない効果を上げるコツ

青汁の原材料によってダイエット効果に違いがある?

青汁はどれも野菜の絞り汁であるために豊富な食物繊維が含まれていることに変わりはありません。
ですがその他の成分の差が多少の違いを与えているということになります。
青汁といえばケールが代表されます。

それは青汁を作った遠藤博士が研究の末に見つけた栄養素の高さによるものです。
成分はイソシオシアナート、インドール化合物、メラトニンなどが含まれおり、効果は豊富な食物繊維によって便秘の解消し、血糖値を下げることによって、メタボリックを予防します。
そしてダイエットに相応しい成分が入っていると言われているのが明日葉です。

カルコンという明日葉にしか含まれていない成分が含まれており、このカルコンがセルライトという老廃物と水分が結合したひどいむくみに効果があるのです。
勿論、血もサラサラにしてくれますので、いらない成分の排出には絶大な効果があるといってもいいでしょう。
この効果はダイエットの助けになります。

また桑の葉はDNJ(1-デオキシノジリマイシン)という成分が含まれおり、α-グルコシダーゼという酵素と結びつき、小腸において糖質が吸収されるのを防いでくれるのです。
他にも脂肪を燃焼するという他の青汁の原料にはない性質は、青汁ダイエットにおいて嬉しい成分と言えるでしょう。
少し珍しいものにゴーヤの青汁というものがあります。

ゴーヤと言えば夏バテ解消の定番のようですが、成分の中に脂肪を筋肉に変えるという効果があります。
筋肉になったら肉として落ちにくくなると思われがちですが、基礎代謝において筋肉は必要なものです。
よって脂肪とするよりも筋肉として鍛えた方がいいとされています。

多くの青汁に使われる大麦若葉はバランスのいい原料で食物繊維が豊富に含まれています。
老廃物の排除やそれに伴う新陳代謝の向上がダイエットを助けます。
それぞれにダイエットを助ける効果がありますが、基本的に全ての青汁にダイエット効果はありますので、効果と味を考慮して選んでください。