ダイエット効果メリットリバウンドしない効果を上げるコツ

ダイエットに成功したら青汁を止めても大丈夫?

青汁ダイエットの結果、目標体重になったので青汁ダイエットは終了…しても青汁は飲み続けてください。
実際にやめた人はリバウンドということが起こさなくても、体重が増え始める、大人にきびができた、大風邪をひいたなどということをよく聞きます。
その結果、青汁の効果によって抑えられていたものが症状として表れることになり、また青汁を飲み始めることも多いのです。

青汁は飲んだ日に効果のすべてを使ったり、排出したりして溜めることができない効果が多いのです。
使い切りタイプといってもいいでしょう。
勿論、新しい細胞として新陳代謝によって出て行くのは古い細胞ですが、新陳代謝を起こすための青汁が必要です。

新陳代謝は青汁がなければ起こらない代謝ではありませんが、活動を高めてくれる成分を含んでいます。
その繰り返しによって痩せた身体なのですから、当然新陳代謝能力が低くなるのはエネルギーを燃やしにくくなります。
何よりも青汁の食物繊維によって動かしやすくなっていた腸の活動も鈍くなり、老廃物が溜まり始めるのです。

老廃物は脂肪やむくみになって身体に溜まりはじめますので、青汁を飲まなくなって便秘になってしまったら青汁を飲むことを復活させることをお勧めします。
でもこれ以上痩せたくないのですが…という人はご安心ください。
青汁が排除するものはいらないものだけですので、骨や皮になるまで痩せることはありません。

そんな症状がありましたら別の原因が考えられますので、医師にご相談ください。
青汁は元々健康のために飲んでいたのに気が付いたら痩せていた、という報告からダイエット効果が分かったものです。
決して痩せる目的で作られた物ではなく、戦後に至っては栄養補給に、現在では野菜不足による健康が目的になっているほどです。

飲み続ける目的は変わっても、身体に余計なものが付くことがなく健康を保てるのならば、青汁を飲むのをやめる必要はないでしょう。
青汁生活は生活の一部と考えてください。