ダイエット効果メリットリバウンドしない効果を上げるコツ

青汁を美味しく飲むコツは?

青汁を毎日飲むことはそんなに難しいことではありません。
しかもダイエットという目的がある場合は飲むのも習慣づくことでしょう。
しかしそれでも嫌々するよりも楽しく飲んだ方がストレスのかからない楽しいダイエットになるのではないでしょうか。

水だけにこだわらずに飲み方を色々とアレンジしてみましょう。
抹茶風味の青汁にあうのは牛乳です。
しかも牛乳にはカルシウムが含まれていますので、骨や歯の形成を助けるばかりか、細胞の働きを助けるという意味でも大いに役に立ちます。

味も抹茶オレの感覚で飲めるのでお勧めです。
飲むヨーグルトに入れて乳酸菌を摂るのもいいでしょう。
お腹の中の調子を調え、老廃物を排出するための手助けをしてくれます。

味も酸味がまろやかになります。
豆乳で溶かすのも大豆イソフラボンという女性ホルモンであるエストロゲンの代わりを務めるものでもあり、美肌効果や女性らしさを高める飲み物に早変わりです。

抹茶風味のソイラテとして女性に人気のある飲み方です。
また大豆レシチンは体内の新陳代謝を高める効果がありますので、ダイエット効果を助けてくれるのです。
緑茶風味の青汁の場合ですとお茶にいれるとお茶と変わりがなくなりますので、青汁を飲んでいる感じがなくなります。

特に桑の葉の青汁などは養蚕地においてお茶としてのまれていたほどですので違和感なく飲めることでしょう。
また薔薇の青汁などはそのままティータイムとしてのリラックスに飲むような青汁として、ダイエットをしながら心を落ち着かせてのお茶の時間を設ける意味でもお勧めです。
どうしても飲む気分がしない時にはその日の味噌汁の中に入れてみてはいかがでしょう。

本質が野菜のために基本的にどんな味噌汁とも合って美味しいです。
味噌汁ではなくスープにも合いますのでまったく問題ありません。

青汁をいかに飲むかは自分の工夫次第です。
ダイエットという言葉に縛られずに様々なアレンジを試して楽しんで飲んでください。