ダイエット効果メリットリバウンドしない効果を上げるコツ

青汁ダイエットで気をつけることはある?

青汁は薬ではありませんので、基本的にはないのですが飲んではいけない人もいます。
それは重い腎臓病である人は青汁の中に含まれているカリウムという成分によって、様々な障害が起こってしまうことがあります。
病気なのでダイエットは考えないかもしれませんが、健康にいいという理由からも飲まない様にしてください。

余計に悪化してしまいます。
またワーファリンという薬を処方されている人も飲むのはやめてください。
ワーファリンは別名、抗血栓薬といい、血管が詰まるのを防ぐ薬ですが青汁の中に含まれているビタミンKと相性が悪く、血液が固まってしまうことがあります。

そしてなによりも過剰摂取はしないでください。
青汁は健康補助食品でありますから、野菜を食べて足りないものを補う意味で飲むことが推奨されているのですが、勘違いして野菜を食べる分も青汁で補おうとする人がいます。
青汁の飲み過ぎは腹痛や下痢などといった症状を起こします。

しかし元々青汁は飲み慣れていないと下痢を起こすという注意書きがあるために、またもや勘違いして過剰摂取する人がいるのです。
むしろお腹を壊さない様に初めは少なめにして飲むなり、分けて飲むための注意書きなのにそれでは全くの逆効果です。
お腹が痛いのも下痢なのも老廃物を出すために必要なことのはずがありません。

下痢も身体の異常であり、便秘解消=下痢のはずがありません。
青汁の量が決められているのはそれだけしか1日に摂取されないからです。
例え下痢にならなくても多い分はいらないものとして排除されますので、用量を守った飲み方が一番だと言えるでしょう。

後はダイエットのために食事をバランスよく食べながら、青汁を飲むようにしてください。
栄養バランスが悪いことも太ることの原因になりますので、青汁で野菜不足を解消するけれども、きちんと野菜を摂る食事をしましょう。
青汁と一番相性がいいのは野菜ですので、ダイエットをするのにも助けてくれることでしょう。

↓セサミンで血液サラサラ