ダイエット効果メリットリバウンドしない効果を上げるコツ

青汁に蜂蜜を入れても効果はある?

蜂蜜といえばその甘さから青汁ダイエットにとってカロリー過多になると考えがちです。
ですが、砂糖よりもカロリーが少ない上に、少量でも十分に甘いものですので砂糖を入れるよりは勧められます。
なによりそれで飲みやすくなるのでしたら推奨されるくらいです。

何といっても蜂蜜自体にミネラルや葉酸などといった青汁と同じような成分が多く含まれており、新陳代謝機能の向上も助けてくれるのです。
また蜂蜜は天然のビタミンがたっぷりと含まれており、その吸収率もとても高いとされています。
実は肌の保湿効果などから肌に塗るパックとしても使われることのある蜂蜜は、ダイエット効果の助けだけではなく、肌に対しても効果を発揮してくれるのです。

でも蜂蜜って甘いからカロリーを毎日摂ることになるのではないかという心配があるかしれませんが、先ほども言ったとおり砂糖よりもカロリーは低く、コーヒーや紅茶に砂糖を使うのならば蜂蜜を使ってほしいとされるほどです。
まして甘味が含まれない食事などはありませんし、そこまで食生活にこだわらないのが青汁ダイエットです。
しかしどうしてもカロリーのない青汁でないのが不安だという人は、他の食事を抑えめにしてカロリーを調節してください。

元々青汁ダイエットもダイエットですので、食事はバランスのよいカロリーの低いものがお勧めなのです。
ですが食欲を普通にしてもいいと言うのがストレスにならないのならば、止められてもいませんでした。
しかし蜂蜜のカロリーにこだわるのであれば、カロリーにこだわった食事でも負担にならずに、むしろカロリーを気にしてストレスになってしまう人の可能性もあります。

ダイエットの天敵はストレスです。
青汁には緩和する作用はありますが、余計なストレスまで抱えることはありません。
暴飲暴食や肉料理ばかりではいくら青汁ダイエットをしても効果は出ませんが、普通の食生活の中にダイエットをしているという気持ちがあれば、大丈夫です。

蜂蜜入りの青汁も美味しく飲んでください。