ダイエット効果メリットリバウンドしない効果を上げるコツ

青汁ダイエットで便秘になる人はどうしたらいい?

青汁ダイエットって便秘が解消されるはずではないのですか、始めたら逆に便秘になってしまったのですが…。
そんな人がいますが、それは間違った青汁ダイエットをしているということが多いのです。
つまり青汁ダイエットを青汁だけを飲んで痩せるダイエットだと考えている場合です。

便というものは身体の中に食べ物がないとできない食べ物のカスです。
いくら食物繊維で腸を動かしたとしてもないものは出ません。
青汁の栄養だけでは身体はもちませんから、無理なダイエットになります。

青汁は置き換えダイエットには向かないものなのです。
青汁ダイエットの基本は3食しっかりと食べて、便を排出し、新陳代謝を高めて体質改善することですので、方法が間違っていては、食べないダイエットになってしまいます。
それはいくら青汁を飲んでいても身体がもちませんし、下手をしたら青汁の栄養を逃がさないように身体が青汁を出さなくなってしまいます。

それこそがむくみの原因になり、水太りになってしまいかねません。
3食きちんと食べているのに便がでないという人はダイエット以前の問題です。
便秘には2種類の状態があって、野菜による食物繊維が足りていない場合は青汁も効果がありますが、ストレスでも便秘になります。

ストレスでなる便秘の一種に、「けいれん性便秘」というのがあり、腸がけいれんをおこすように激しくなり便が中に散ってしまって外に出てこられないのです。
いくら青汁で腸を動かしても動きまくっている腸に刺激を与えるだけです。
これは心の病気でもあり、青汁は心の安定にも貢献してくれますが時間はかかってしまいます。

あまりにもひどいようならその根本的な原因をなんとかしなければなりません。
友人や家族に悩みを話したり、何か好きなことをして発散したり、無理なら専門の医師にかかることも考えましょう。
ストレスも便秘も軽く考えてはいけない病気なのです。
間違った青汁ダイエットもしてないし、ストレスもないという人は2週間待っても出なければ、青汁の種類を変えてみるのがよいでしょう。

↓疲れがなかなか取れない人にはコエンザイムQ10